ソーサラーズお散歩マップ [イルシェナーお散歩マップ]

002.gif
 
それは とてもとても古い物語。

希望の名の下 人びとは立ち上がり 力を合わせ
モントールを築き始めました。
 
しかしモントールが建設される以前から、
イルシェンの人たちには、幾つかの分派が存在しました。
 
そして一部の人たちはモントールの地を離れ、
イルシェナー西方の森へと消えてゆきます。
 
新天地に寺院を建てたイルシェンの人たちは、
自らを アンスキタス(Anskitas)と名乗り、独自の学問と知識を培ったのです。
モントール崩落後、街の近くで再建を願うイルシェンの民がいる一方で、
そのアンスキタス達を頼りに、西の寺院を目指す者もいました。
 
寺院の名は。 Terort Skitas
 
ブリタニアの私たちには、知の聖堂と呼ばれる場所。
アンスキタス達によってイルシェナーの歴史が書き記された神殿。
 
かつて多くの賢者達が魔術と知識を学んだ寺院には、
既に人びとの姿は失われ、イルシェナー屈指の魔窟へと変貌しました。
 
神聖なる知の聖堂と魔窟の二つの顔を持つダンジョン。
 
最終回のお話は、ソーサラーズダンジョンをお送りします。
 
◆ Sorcerers Dungeon ◆
 
051.gif
 
 お散歩の出発点は武勇のゲート。
3541824
先日ご紹介した武勇のチャンピオンエリアの方角を目指しますよ。
 
 
 山道を下りたら、森の中を南西に向かって歩きます。
3541825
 
 
 
武勇の森に架かる橋のたもとでひと休み。
3541826
 橋を渡ったら、川沿いに沿って南へと歩きましょうね。
 ※ チャンピオンエリアがアクティブになっていると、
この場所にも多くのモンスターが流れてくるわ。十分気をつけながら南を目指してね。
 
 
川に沿って南下すると、立派な造りの入り口に着きました。
3541827
 壁にはルーン文字が描かれた門。
ここがソーサラーズダンジョンの入り口になっています。
 
イルシェナーの歴史そのものと言える魔窟のダンジョン。
気持ちを引き締めて中へと入ってみましょうね。
 
 050.gif
 
◆ Sorcerers Dungeon Lv1 ◆
 
3541832
ソーサラーズ・レベル1に入ると、東西に1つずつの部屋を設け。
北側に大きな部屋を1つ持っています。
※ 階下へと続く階段は西側の突き当たりの1箇所だけ。
 
 
 入り口の両脇には寺院の警備をしたであろうと思われる、
兵士たちの詰め所が残されているわ。
3541833
 亡き兵士たちの亡霊なのでしょうか。
入り口付近ではスケルタルナイトなどのアンデッドが数多く見られます。
 
 
寺院は魔法学校も兼ね備えていたので、
生徒たちの寄宿舎が、この場所にあります。
3541834
 ※ グレーターモンバットに交じり、リッチも湧いている寄宿舎。
 
 
寄宿舎の真向かいの部屋は厨房を兼ねた大食堂になっているの。
3541835
 綺麗に並べられた食器の数々。
勉強をすれば、誰だってお腹は空きますよね。
 
 
こちらはオーブンを2基備えた厨房スペース。
3541836
 ※ 厨房と食堂の部屋は、各種エレメンタルの巣窟と化しています。
 
 
北側の大きな部屋には2つの教室がありました。
3541837
 机の上に並べられた宝石の数々に岩石も展示してあるところをみると、
この教室では地質学や鉱物学を学んだ場所だったのかも知れませんね。
 
 
 一方隣の教室では。
3541864
 壁際は世界儀などが置かれてます。
もしかするとイルシェナーの地理や世界史を学ぶ場所だったのかも。
 
 
教室の片隅には、この様な部屋もありますよ。
3541865
 まるで懺悔室の様な、とても小さな小部屋。
悪い子はここで反省するまで閉じ込められていたのかしら。
※ 北側の2つの教室には低級アンデッドの他。リッチやアースエレメンタルなどがいます。
 
 
レベル1の難関がこの場所。
3541866
 階下のレベル2へと続く階段には、1体のブラッドエレメンタルがいます。
※ そして階段を下りた場所にも、ブラッドエレメンタルが控えているわ。
もしもこの場所で負傷したまま階下へ逃げようとすると、
階下の血エレに遭遇することになるから、更に状況が悪化すると思います。
その場合、一旦入り口付近まで退避するのが良いですよ。
 
 
ソーサラーズLv1で見られるモンスター。
Acid Elemental ・ Blood Elemental・ Bone Knight ・ Earth Elemental
Fire Elemental ・ Gargoyle ・ Gazer・ Gazer Larva ・ Greater Mongbat・ Headless One
Lich ・ Shade ・ Skeletal Knight・ Spectre・ Stone Gargoyle・ Water Elemental・ Wraith
 
050.gif
 
◆ Sorcerers Dungeon Lv2 West-Area ◆
 
3541884
※ ソーサラーズダンジョンレベル2以降は、ちょっと複雑な構造をしています。
レベル1から下りてくる側を西側として、レベル2を東西に分けながらお話をしますね。
 
 
 階段を下りたその場所には、ブラッドエレメンタルが冒険者を待ち構えているわ。
3541885
 画面が切り替わってすぐ、このエレメンタルにターゲットされる仕組みになっているの。
※ ここから先からは、まさに魔窟そのもの。ソーサラーズが冒険者に牙をむくわ。
道順を一歩間違えると、あっという間に死んでしまうくらい、とても険しい道のりが待っています。
 
 
血エレのいる階段向かいの部屋は、魔法教室になっています。
3541886
 机の上には秘薬などの他、ブラックロックとおぼしき岩も展示されていますね。
 
 
この場所で通路が東西に枝分かれします。
3541887
 ※ この辺りの通路にはヘルハウンドの群れが湧きますよ。
 
 
西へと続く通路の途中には、あの黒閣下が待ち構えています。
3541888
 ※ ヘルハウンドの他にデーモンなども近辺に湧く場所なので、
最新の注意を払いながら奥の部屋へと行ってみましょうね。
 
 
レベル2・西側通路には、魔法に関するアイテムが多く飾れているわ。
3541889
 ※ この展示室を兼ねた通路に、デーモンが2体湧いています。
 
 
西側エリア最深部の部屋。
3541892
 図書館となっているこの最深部の部屋には、
モンスターにまじり、二人のMonkを見ることが出来ます。
このNPCからは、魔法系のスキルを習うことも可能ですよ。
 
 たくさんの試薬などが置かれた一角。
3541893
 図書館では錬金術に関する勉強会なども開かれていたのかも知れませんね。
※ 図書館にはドレッドスパイダーやワイバーンなども生息しているわ。
 
050.gif
 
実はこの図書館となっている部屋には、魔術で封印された秘密があります。
 
 部屋の片隅に並ぶ3つの Magical Crystal
3541904
このマジカルクリスタルをダブルクリックすると。
 
 この様な場所に飛ばされます。
3541906
 
 ◆ Sorcerers Dungeon Lv Unknown ◆
 
3541905
 
AoSまでは行き方も不明だった秘密の隠し部屋。
 
いわば魔力で封じ込まれた牢獄の空間。
3541907
 オフィシャルでも正確なレベル表示はアナウンスされていないと思うので、
私のブログでは、この場所を「Lv Unknown 」と表記しますね。
※ 元の図書館に戻るには、再度クリスタルをダブルクリックする事で移動出来ます。
 
 
Lv Unknown で見られるモンスター。
Bone Knight・ Bone Magi・ Lich Lord
Mummy・ Skeletal Knight・ Skeletal Mage
 
050.gif
 
 ヘルハウンドの湧く通路の東側付近の記帳所。
3541894
 通路の近くには、ブラッドエレメンタルが湧いています。
※ どうやらこの記帳所と、先に見える階段は関係がありそうね。
 
 
西側エリア南の階段。
3541895
上下階へと続く階段の踊り場になっているの。
※ この場所は後ほど改めてご案内しますね。
 
050.gif
 
◆ Sorcerers Dungeon Lv2 East-Area ◆
 
3541935
 レベル2東側の各部屋をご案内しますね。
 
 
ソーサラーズ唯一の鍛冶場。
3541936
※ 部屋には多くのダルカッパーエレメンタルが湧いていますよ。
練成素材「ブラックロック結晶」を集めるのにも向いている場所ですね。
 
 
鍛冶場の向かい、円形の部屋の入り口に行くと。
3541937
 床材は無く、露になった地面に幾つもの松明が灯されています。
 
 
祭壇には1冊の本が置かれ、中心から放射状に松明が立っているわ。
3541938
薄暗い室内に炎の明かりとルーン文字が灯る儀式の部屋。
部屋には血エレの他にも毒エレやリッチロードが湧く危険な場所となっています。
 
 
東側エリア。東の端まで来ると階段に突き当たります。
3541939
 やはりここでも、階段付近には血エレが待ち構えています。
 
 
ソーサラーズレベル2で見られるモンスター。
Balron Daemon・ Blood Elemental・ Bone Knight・ Bone Magi・Daemon
Dread Spider・ Dull Copper Elemental・ Efreet・ Elder Gazer
Evil Mage・ Evil Mage Lord・ Gargoyle・ Gazer・ Gazer Larva ・ Hell Hound
Lich・ Lich Lord・ Mummy・ Poison Elemental ・ Shade・ Skeletal Knight
Skeletal Mage・ Skeleton・ Spectre・ Wyvern・ Zombie
 
051.gif
 
ソーサラーズレベル3以降のお話は、続きをご覧になってくださいね。
 
051.gif
 
お話は、レベル2西側エリアから。
3541895
 この階段を下りてみましょうね。
 
050.gif
 
◆ Sorcerers Dungeon Lv3 West-Area ◆
 
3541993
ソーサラーズレベル3のフロアは、ある理由から東西に別れています。
先程の階段を下りた側のエリアをレベル3の西側としますね。
 
たどり着いた部屋には、またしてもブラッドエレメンタルがいるの。
3541994
 ※ かなり大きめの部屋だけど、血エレの他にリッチロードもいるわ。
 
 
西側の通路の途中に設けられたミイラの安置所。
3541995
 上の階で見た教室の雰囲気から比べると、
階を下りるごとに部屋には不気味さが増している様に感じます。
 
 
 ミイラを使った黒魔術の跡でしょうか。
3541996
 机の上に並べられた秘薬の中には硫黄などもあります、
古い時代のネクロ魔法の儀式かも知れません。
 
 
 部屋の一角には、牢獄も備え付けてありました。
3542026
頑丈な鉄の扉で遮られた地下の牢獄には、一体どの様な囚人が幽閉されたのでしょうか。
 
 
牢獄裏にある北側通路の先。
3542027
 落盤の跡が今も残り、通行が出来なくなっているわ。
 
 
でも。テレポートの魔法を使えば反対側に行けますよ。
3542029
 ※ 今回の撮影時はたまたま運が良かっただけ。
普段はこの通路の辺りにもモンスターがいる場合が多いの。
 
 次はレベル2東側からのアクセスのご紹介になります。
 
051.gif
 
レベル2 東側エリア
3541939
さっそくこの階段を下りてみましょうね。
 
◆ Sorcerers Dungeon Lv3 East-Area ◆
 
3542050
 レベル3東側エリアは、部屋が2つあるだけの構造。
※ そしてUO全てのダンジョンで、最も危険な部屋があります。
 
階段を下りたところには、血エレが待っています。
3542051
 もうお気づきだと思いますが、ソーサラーズダンジョンの階段付近には、
必ずといって良いほど、ブラッドエレメンタルが配置されているの。
 
 
東側エリアの中間に設けられた部屋。
3542052
 この教室では死体を使った魔法実験が繰り返されていたと思われます。
※ この教室にも赤メイジや血エレがスパウンしますよ。
 
 では。ソーサラーズ最深部の部屋へと向かいましょうね。
 
 死を恐れない戦士さんたちの目標の場所。
3542053
最深部の拷問部屋には黒閣下2体にイフリート2体。
そしてエルダーゲイザーまでもが住み着く恐怖の場所。
 
北側の通路は先程ご説明した様に、落盤で通行が出来ません。
戦いに押し込まれて、きた道を戻ってもそこにはブラッドエレメンタルが控えています。
古くから戦士さんたちの間では、この場所で闘うことを目指し、日々の修行を重ねてきました。
 
ソーサラーズダンジョンはTD時代のとても古いダンジョンですが、
この部屋の難易度だけは、今も昔も最高峰だと思っています。
 
ソーサラーズレベル3で見られるモンスター。
Balron Daemon・ Blood Elemental・ Bone Knight・ Bone Magi
Efreet・ Elder Gazer・ Evil Mage・ Evil Mage Lord・ Lich Lord
Mummy・ Skeletal Knight・ Skeletal Mage
 
051.gif
 
ソーサラーズダンジョン。最後にご案内する場所は。
レベル2西側エリアの階段。
3542107
 次はこの階段を上がった場所をご案内しますね。
 
 
階段を上がると。とてもダンジョンとは思えない空間に出ました。
3542108
 階段は更に上へと続いています。
 
 
階段を上がると。外へと繋がっていました。
3542109
 建物らしき場所には、水も流れています。
いったいここは何処なのでしょうか。
 
◆ Terort Skitas ◆
 
3542110
 山の頂から中腹にかけて建てられた寺院。
この場所が言い伝えられた知の聖堂です。
 
3542111
聖堂の内部は山から湧き出る、清らかな水が流れています。
 
 
きっとこの場所に立ち入ることが許された人は、
アンスキタスの中でもごく限られた特別な賢者だけなのかも知れません。
3542121
アンスキタスの民が居なくなった数百年後であっても、
この場所だけは聖域として当時の面影をそのまま残しています。
 
 ここは書庫だった場所なのでしょう。
3542122
 机の上には幾つかの巻物などが残されています。
 
 
寝所には、あのマジカルクリスタルが置かれていました。
3542123
 
このクリスタルをダブルクリックすれば。
 
秘密の魔法部屋へと繋がっていますよ。
3542124
 ごく限られたアンスキタスの僧侶だけが、
日夜この場所で新しい魔法の研究を重ねていたと思われます。
 
 
 知の聖堂に残された庭園。
3542125
山肌に抱かれ川に清められるようにして建つ知の聖堂。
 
これと同じ景観を持つ水の都が他にもありました。
 その場所はモントール。
 
イルシェンの名とモントールを捨て、自らをアンスキタスと呼んでいても、
 寺院の建築様式の随所には、彼らがイルシェンの民だった事を雄弁に物語っている様に思えます。
 
廃墟となってしまった古の街 モントールは、
きっとこの様な美しい街であったに違い有りません。
 
 ブリタニアの人たちがイルシェナーを発見する遥か遠い昔。
 
アンスキタスの賢者アルボルは、自由にファセットを越える魔法を体得しました。
 ゲートによって開かれた世界を「秘密の世界」と呼んでいたアンスキタスの人びと。
彼らはブリタニアの人たちが想像する以上の魔法を使い、
既に違う破片世界(ソーサリア)へと旅立ったのかも知れません。
 
 
くろねこのお散歩も これでおしまい。
 
このイルシェナーのお散歩のお話が、
ひとりでも多くの冒険者さんの物語に紡がれてゆけたら幸いです。
 
002.gif

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
nekodamaF_001.gif
当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008 - Britannia Promenade. - Tous droits réservés.
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
 
Britannia Promenade 1.gif